草むしりで凶暴な敵を発見!

購入して1年経った土地の草むしりをしてきた。

まだ草原状態にはなっていなかったが、膝丈くらいのブッシュが所々に繁茂していた。

土曜は軍手にビニール袋のみという軽装で家族3人で草むしり。

しかし、雑草たちは強かった。俺たちの牧歌的雰囲気を頑として受け付けなかった。

しっかり根を張り、執拗に絡みつき、絶対に地面を離れないぞ!という決意にあふれている。

中でもすごい強敵がいた。軍手で草を掴むと指に激痛が走った。

!と見ると、葉っぱの端に鋭い黄色い棘を持った草がいるではないか。

触るととにかく痛い。だから抜き取ることが不可能。

この草には触らずに遠巻きに巻いて、当たり障りのない雑草を抜き土曜は終了。

 

Webで調べるとこの棘草は「アメリカオニアザミ」というらしい。名前だけのことはある。

ヨーロッパから持ち込まれた外来生物で、特に北海道で広がっているらしい。こんなのが生えていたら森歩けないぞ。

日曜はオレ一人でスコップを持って再挑戦。

アメリカオニアザミの根元にスコップを突き立てて根ごと掘り出す。

根には流石に棘はないので持てる。根を持って捨てる。

掘っては捨てて、捨てては掘るの繰り返し。60坪の土地から一通りオニアザミを駆除し終えた。

しかしこれ、どうやって袋に入れたものか。ビニール袋だったら棘が袋を突き破って出てくるだろう。

米袋だったら大丈夫かも。

 

他の草もスコップで掘り返した。延々と掘り返す作業の繰り返し。

草むしりとは重肉体労働であることを痛感した。

昨年草丈1mを超える草原状態のこの土地を除草した業者の苦労が偲ばれる。

 

今年の家庭菜園はじゃがいも!

引っ越し先はルーフバルコニーがないのでベランダは鉢植えで立錐の余地無し。
でも今年もやるぞー、家庭菜園!
まずはジャガイモ!タネイモが芽を出しぐんぐん育って来た。
ジャガイモをはじめとして鉢植え達が4月に入って目覚め始めた。
あじさい、カエデ、ブルーベリー、ヘデラ、ギボウシ、ズズラン。
狭いベランダが新緑で埋め尽くされつつある。

家庭菜園:タマネギの植え付け

日本がTPP交渉に舵を切った。ようやくといった感がある。
これに関して宋文洲が書いている。
http://www.soubunshu.com/article/234493045.html

確かに。言葉にはもっと正確にならねば。

TPP:Trabs-Pacific Partnership, 環太平洋戦略的経済連携協定

中国、韓国、ロシアは入っておらず、日本もようやく交渉に入り始めたところ、という状況では「環太平洋」と言うのは少し強引な感があるのは否めない。
コンピテンシー、コンプライアンス、コーポレートガバナンスといったカタカナ言葉を最近よく聞くが、正直よくわかっていない。
で調べてみると、

コンピテンシー:高業績者の行動特性
コンプライアンス:法令遵守
コーポレートガバナンス:企業統治

コンピテンシー以外は日本語にした方が断然分かりやすく、文字数も少ないではないか。
気取ったカタカナ言葉に気を付けろ!

ということは置いておき、この週末はまさに園芸日和であった。
朝、ホームセンターへ行き、タマネギの苗を買ってきた。
「湘南レッド」生食用の赤いタマネギである。
去年植えたら小振りながらきちんとしたタマネギになってくれたので今年もトライする。
今年はどーんと100株を500円で購入。
手持ちの空きプランターだけでは足りず、ベビーリーフを育てていたプランターをいくつか転用した。
11月だが太陽の日差しを浴びながら植え付けていると汗が出てくる。
半ば強引に100株植えた。収穫は来年の6月。水と施肥をしっかりやればそれなりに育ってくれるだろう。
転用したプランターから採ったベビーリーフはホウレン草やら青梗菜やら山東菜。
ここ数日の朝飯の青葉には困らない。

サツマイモを収穫し、1000円カット規制を考える。

サツマイモを収穫した。
袋に鹿沼土と腐葉土を入れて育てたのだが、中くらいが2つと小さいのが3つ採れた。
掘り出してすぐにふかして食べた。ほどよい甘みで美味い。

サツマイモを食った後はバリカンを買いに電気屋へ。
70mmまでの長髪もできたり、ヒゲもそれたり、今はいろいろなバリカンが出ているのだな。
40mmまで刈れるヤツを3000円ほどで買い、家で妻に刈ってもらう。
最初はぎこちないうごきで虎刈りになるのでは心配した。
しかし、しばらくやっているうちに調子を掴んだようで、動きが滑らかになって来た。
小一時間で出来上がり。仕上がりは1000円カットと遜色ないレベルになった。
あと2回これでカットすれば元が取れるわけだ。

1000円カットを規制する条例が各県で出されているようだ。
洗面台がないと床屋をやってはいけないということらしい。
従来の床屋を保護するためらしいが、保護すればそれに頼ってしまいいずれ退廃するのは目に見えている。
長い目で見れば保護される方にも得はない。
TPPも同じ事だと思う。
食料の自給率と言っても今ですら自給できていないのに何をか言わんやだ。戦争でもするつもりなのだろうか。

と怒りそうになるが、つまらんことで怒ってはいかん。
仕事関係のノウハウ本を読むと、仕事をする上で怒ってはいけない、と必ず書かれている。
しかしなぁ、怒りたいときはあるだろう。
仕事で生じる怒りをぐっとこらえて毎日過ごせば、ストレスも溜まるってもんだ。
などと思ってるときに本屋で「怒る技術」という本を見つけた。
Anger Manegementという考えがアメリカではやっているそうだ。
読むと、怒って良いと書いてあるではないか。
しかしそのためには準備が必要だと。
周到な準備をしてから制御された怒りを相手にぶつけろと。
なかなか面白い。

ベランダ菜園でベビーリーフを収穫する。

リビアではカダフィ大佐死亡で沸き返っている。
これから一筋縄では行かないと思うが、良い国を作ってほしいものだ。
シリアもリビアと同じような独裁政権らしいが、石油が出ないこともあり諸外国は傍観を決め込んでいるとか。
なんとかならないものか、と思う今日この頃。
ということは置いておき、我が家のベランダ菜園である。

2週ほど前に植えた種が次々と発芽してベビーリーフ状態になった。
バラ蒔きだったのでかなりの密集状態になっている山東菜、青梗菜を、間引きを兼ねて収穫した。
朝のトーストの付け合わせにと思っていたが、間引いても間引いても、全然減ったようには見えず、
ボール2杯分取ってもまだまだという状態。残りは来週間引く事にしよう。

連休は農作業に明け暮れる。

夏野菜のプランタをリセットした。
ピーマンのプランタを掘り返したらコガネムシの幼虫がザックザク(汗)
そのためか根の張りが浅くなっていて、引っ張ると表層の土だけがはがれるように簡単に取れた。
他のプランタを掘り返してみると、ブルーベリーの鉢からコガネムシではなく大量のアリが出て来た(汗)。
こちらも根の張りが浅くなっていた。虫がいると根の張りが浅くなるらしい。
他のプランタもチャックしたが、大丈夫だった。

ググってみると、コガネムシは根を食害するようだ。
また、ブルーベリーの鉢にアリが巣を作ると祖達が悪くなると言う情報もあった。
地中に巣を作られると根の成長が悪くなるのだろう。

虫達を追い出した後は古い土をフルイにかけて根やゴミを取り除く。
苦土石灰と有機肥料を適量混ぜ込み、新しいプランタに入れる。
そうして8本ほどのプランタをリセットした。そして野菜の種をまく。
大根、二十日大根、チンゲンサイ、山東菜、ほうれん草、カブ・・・。
細かいことにこだわらずにバラ蒔く。芽が混んで来たら間引いてサラダにするのだ。

アジサイを一回り大きな鉢に植え替えた。
二年前は小さな鉢植えだったのだが、今やベランダのセンタープランツのような堂々たる風貌だ。

自家栽培の桃に舌鼓を打つ。

我が家の桃が食べごろを迎えた。
先日の山梨のバーベキューで桃栽培の師匠に桃の収穫時期を聞いたところ、落ちたら食べごろとの答えであった。
で、家の桃もぼちぼち自然落下し始めたのだ。
まだ小振りだが食べてみると実に甘い!

家庭菜園の手入れをし、映画「ブラックスワン」を観る。

先週末買っておいたキュウリとサツマイモの苗を定植した。
それから枝豆、チンゲンサイ、二十日大根、ゴーヤの種を植えた。
トマトは背丈が150cmほどになり、緑色の果実が徐々に大きくなって来ている。
茄子も花の奥に紫色のふくらみが見えて来た。
ピーマンも白い花が咲き始めた。
トウモロコシはぐんぐん背を伸ばしている。
ヒョウタンが元気が無い。
相変わらずアブラムシ達はいるが、テントウムシとその幼虫、アブラバチもいてなんとも賑やかな生態系を作っている。

果樹の方は、桃がいい感じで膨らんで来ており、イチジクの実が出て来た。
イチジクの実というのはじつは実の中に花が咲いているのだという。だから花が咲かずに実がなったように見える。
不思議な植物だ。

秋になると部屋に置いたままの球根から花を咲かせるコルチカムという植物がある。
去年花がしぼんだ後、鉢に埋めておいたら今年の春先にきれいな緑色の葉を出した。
観葉植物としても楽しめる清々しい緑色の葉だった。
それが最近黄色になり、とうとう枯れてしまった。
調べてみると6月から休眠に入り10月過ぎに再び目覚めるのだという。
桜や桃は花が咲いた直後から葉が出てくるが、コルチカムは花と葉が完全に別々に出てくる。
これもまた不思議な植物だ。

菜園仕事が終わってから映画「ブラックスワン」を見てきた。
サスペンス系のバレー映画だ。ホラー映画っぽいおどかしショットや痛いシーンには引いてしまったが、
それを差し引いてもなかなか面白い作品だった。
主演のナタリー・ポートマンは箱入り娘が錯乱して行く様をうまく演じていた。
バレリーナは大変だということがよくわかった。
バレーはやるものでは無く観るものだということがよくわかった。

タマネギの収穫、そして救世主達来たる。

五月も半ばを過ぎて、家庭菜園も大忙しの時期。
そんな大事な休日の朝を寝過ごしてしまった。
昨日の晩飯で入った西武立川駅西側の焼き肉屋「釜山亭」でマッコリ(大)を飲んだからというワケではない。
夜中1時過ぎまで録画した映画を見ていたのだ。ジョニーデップ特集。

そんな感じで遅い朝にバルコニーをみるとタマネギの葉が軒並み倒れていた。
これが収穫のサインらしい。

収穫してみると見た目よりは小振りなタマネギだった。
水に浮いた氷のように地面に埋もれている部分の方が大きいと思っていたが、
このタマネギの場合は上から見える大きさそのまんま、掘り出してみると実に小振りなタマネギなのであった。
しかし大きいのもある(とは言ってもスーパーで売っている中くらいの大きさなんだけどね)。
大小あわせて28個のタマネギを収穫した。

根と葉をカットして紐で縛り軒下に吊るす。こうすると保存が効くようになるそうだ。



桃の実も順調に育っているようだ。
ふさふさした毛に覆われており、今のところ桃というより梅という雰囲気。

アジサイも順調に成長している。
これでもかってくらいに葉を張り出している。一日水をやらないと萎れ気味になるほどだ。
花の蕾も出て来た。

つい先日植えたトマト苗もすでに50cmを越す背丈になっており、一番花を咲かせた。

そして2本のブルーベリーも花が咲き終わり、ラビットアイの方は実が丸くなり始めた。
無事に受粉できた様子。

イチゴはアブラムシにかなりやられてしまったが、なんとか実ができてきた。
葉をみるとアブラムシがめっきり減っている。風で飛ばされたのか?


鉢をしばらく眺めていると、黒い小さな虫が何匹も動いている。
ん、このちょっと取っ付きにくいガミラス的な形はひょっとして、、、テントウムシの幼虫では?
一匹をアブラムシがいる茄子の葉に乗せてみる。
すると、すぐにアブラムシを見つけてガシッと掴んで離さないではないか。
おぉ、救世主到来だ。

二十日大根を収穫した。この季節は本当に20日で収穫できる。
しかし葉はアブラムシとハモグリバエにやられていて食えない。アブラムシは洗えば良いが、ハモグリバエは幼虫が葉に潜っているだ。
ハモグリバエの幼虫が通った後は白い線になるので、エカキムシとも呼ばれるそうだ。
それ以外に金色に輝く丸いダニ?のようなものが付いていた。
新手のダニか?と思いネットで調べてみると面白い事がわかった。
これはアブラバチの幼虫に寄生されたアブラムシだそうだ。
中にはアブラバチの幼虫が蛹になって羽化するのを待っているのだとか。
つまり、アブラバチという虫もテントウムシと同様にアブラムシをやっつけてくれる訳だ!


テントウムシにアブラバチ、これで我が家の農作物は救われた。

自然のバランスは本当に見事だとしか言いようが無い。
このバランスは得難いものだ。農薬を使ったら一発で崩れてしまう。
農薬は極力控えてこのバランスを最大限に生かして野菜を作って行きたいものだ。
(しかし完全無農薬は本当に難しー!)

アブラムシとの戦いが始まる。

イチゴの花と葉裏にアブラムシがびっしり(汗)。
そのアブラムシがカモミールのつぼみにもついていた。風で飛ばされてきたのだろう。
無農薬栽培って本当にできるのか?とつくづく思う。
フタボシテントウムシ黒地に二つの赤玉のてんとう虫がイチゴの花にやって来てアブラムシをつついていた。
そうかっ!生物兵器があるではないかっ!
水槽のコケにはヤマトヌマエビ、そしてアブラムシにはテントウムシなのだっ!
がんばれてんとう虫!期待してるぞ!

話は香港旅行になるが、
Expedia.co.jpでいろいろと検索していたら香港トレーダーホテル3泊4日7万円というのがあった。
飛行機は成田発のJAL便。ホテルは4つ星だ。朝食付き。
ホテルの部屋をマウンテンビューにグレードアップ。7万7千円。予約した。
予約状況はページから確認できる。ホテルは予約完了。
航空券は24時間以内に手配完了するとのこと。
この時期にGW旅行をこの金額で手配できるのは普通の旅行代理店にはむずかしいのではないだろうか。

HISの格安ツアーより安く、しかも土産物店強制引き回しのない旅行ができる。
今後はこのExpedia.co.jpを利用する事が増えそうだ。