初めてのおつかい

娘が近所のスーパーまでおつかいに行った。6歳にして初めてのおつかい。

店員さんと話すのを怖がり行ったことがなかったのだが、何の迷いもなく出て行った。

小学生になった自覚が背中を押したのだろうか。

妻が頼んだのは牛乳と食パンとバナナ。ちょっと多すぎないか。

20分ほど経っても戻ってこない。ビールを買い足すついでにスーパーに向かった。

食品売り場を一通り回って見るがいない。

ビールを買って家に戻ると「おかえり!」と元気な声。別の道で戻っていた。

これまでバック一つ持ってスーパーに行くにも「重い、疲れた」と言っていた娘。

牛乳とバナナと食パンを持って帰ってきたのに少し驚いた。日々成長している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です