インフルンザに感染し、隔離生活を送る。

先週風邪のような症状があったので病院で検査をした。インフルエンザB型に感染していた。
思い当たるのは3/26の壮行会だ。立川駅北口のHANABIという換気の悪い店に3時間も40人以上の人間がこもっていた。
数年前にもインフルエンザにかかったが、そのときはA型で腰に激烈な痛みが走った。
今回はそれほど激しいものではなかったが、右側の歯がじわりと痛む症状が出た。
体のだるさや発熱は前回ほどではなかったので単なる風邪だろう程度に思っていたのだが、まさかのビンゴ。
前日大量の鼻水が出ていたのは花粉症ではなくインフルエンザが発症したからだったのだ。

その状態で千鶴を風呂に入れ、子守唄を歌って寝かしつけた。千鶴が感染していても不思議ではない。
主治医に相談すると、すでに感染している可能性があるからミルクを飲まなくなったら近くの小児科へ行くようにとの指示。
おいおい、その程度でいいのか?新生児とインフルエンザでググると脳症で障害が残るという話もあるぞ。

家に戻り着替えを手にして近くのビジネスホテルにチェックインした。タミフルを飲み終わるまでの5日間、缶詰になった。
そして今日チェックアウトしてビックカメラへ直行し、プラズマクラスターを何台か購入し全ての部屋に設置した。

幸いにも今のところ千鶴は発症していない。

今回の教訓
子供のいる親は、インフルエンザ予防接種を受けるべし。人が多く換気の悪い場所には長居するべからず。