コンビニにはドライイーストが置いていない。

ホームベーカリーに小麦粉をセットしていた妻が言った。
「ドライイーストがない」
もう水も入れてしまった。覆水盆に返らず。
夜11時である。こんなときはコンビニだ。
近所にある3軒のコンビニに行ったが、小麦粉は置いていてもドライイーストはなかった。
家に戻りPCで検索すると24時間営業のスーパーが車で10分ほどのところにあることがわかり、
無事にドライイーストを入手できた。めでたしめでたし。

ドライイーストはコンビニに置いてないことがわかった。
頼りになるのはコンビにでなく深夜営業のスーパーなのであった。

住民不在のコンビニ戦争

うちは五日市街道沿いにあるのだが、すぐ隣がローソンだ。
たまに使っているのだが、数ヶ月前にローソンから道沿いに100mほど先にセブンイレブンができた。
うちはローソンで足りているのでわざわざセブンイレブンまで行くことはない。
コンビニ以外に周辺にあるのは山田うどんとOFF HOUSEだけ。
肉屋も魚屋も雑貨屋もクリーニング屋も居酒屋もない。
もうコンビニは十分。近隣住民は皆スーパーを待ち望んでいるのだ。

最近ローソンの向かい側に店舗が建設されはじめた。
もしかしてスーパーか食堂か?と思いきや、立った看板は「サンクス」。
ガチョーン。

ローソンは野菜を扱っているので、少しスーパー的な買い物もできるのでまだましだ。
セブンイレブンとサンクスはどうかわからないが、このふたつの後発店舗に顧客の視点は無いと言って良いだろう。
周りに店が無く売り上げが見込めると言う事で出店したのだろうが、単なるコンビならば周辺住民(=顧客)には何の利益も無い。
不毛な争いになるだろう。
サークルKサンクスよ、もっと顧客視点で店を出してくれ。

ねんきんネットを使ってみる。

年金機構のページに行くと、ネットで年金の納付状況を確認できると言う。
パスワードを申請して、アクセスしてみた。
・・・わかりにくい。
郵送されて来たユーザIDを入れるページはどこなんだ?
ようやく見つけて入れると自分のページが開く。
なるほど、18年ほど年金を納めてる。
途中1ヶ月の空白期間が(汗)。
これは転職中に自動車学校に合宿していた期間だ。働いていなかったのでしようがない。
で、年金いくらもらえるんだ?・・・年額80万円。年金はあてにならない。
自分の老後は自分で切り開くしかない。
ここのところ毎日1万円ずつ投信を買ってドルコスト平均法の効き目を試している。
先進国と新興国の比率配分をどうするか、悩ましいところだ。

10週目、心拍音を聞く。

今回から母子手帳を出す。
市からの補助金で事実上無料となる。血液を採取する。
腹部エコーで我らが赤ちゃんを確認。今回も手足を動かしていた。元気だ。
心拍音を聞かせてもらった。トクトクトクトク・・・小鳥のように早いテンポだった。
身長36mm、頭は14mm。順調に育っている。

妻は見た目ではあまり分からないがつわりが少し強くなってきたようだ。
歯磨きでオエッとやっている。ショウガと納豆がダメになった。お粥と梅干しをよく食う。
12週目くらいまでがつわりのピークらしいので、もう少しの辛抱だ。

車山高原は雨だった。

車山高原に行って来た。
八ヶ岳の西側に位置する高原だが、行くのは今回が初めてである。
あいにくの雨だったが、晴れてれば気分の良さそうな眺めが広がるだろう高原であった。



眺望が臨めなかった分、食いに走ったというわけでもないが、宿泊先の飯はうまかった。
イタリア料理をベースにした野菜メインのコース料理だったが、
よけいな調味料はほとんど使わずオリーブ油と塩、胡椒で味付け、後は素材で勝負。
うまかった。

リゾートイン  スクアミッシュ



車山高原、今度は晴天のときに行ってみたい。

実家へトンボ帰り

15から17まで実家に戻っていた。
盆だからだが、帰ってみるとすでに墓参りも済ませていて、特にやる事なし。
仏壇に線香を上げて、実家の飯を食い、犬を散歩に連れて行ってやり、ゴロゴロして本を読む。
一日のうちに晴れたり土砂ぶったりで、不安定な天気であった。
一日目は家族の飲み語らい、二日目は旧友達と飲み語らう。
40過ぎで独身の男が3人もいて、既婚の友人が「みんなオレが面倒見てやる!」と豪語。
さぁ、どうなるか楽しみだ。

明日から一泊でペンションに泊まってくる。
妻が家でじっとしているのにどうにもこうにも耐えられなくなっていて、
妊娠初期ではあるが息抜きが必要だと判断、
空気が良くて眺めの良い場所ということで車山高原にした。

プリンタが復活する。

インクヘッドのじゃぶ洗いでも6C10エラーが消えなかったキヤノン製プリンタ。
しばらく悪あがきしていると、やがてクリーニングが1回だけはできるようになり、
6C10エラーが出て電源オフ、再度電源入れてクリーニングということを5、6回繰り返した。
それから給紙ローラークリーニングをして、そして文章を印刷してみた。
すると印刷された紙が出てくるではないか。

インクヘッドのつまりが取れるのに1日単位の時間がかかるのかも知れない。
何はともあれプリンタが復活した。これからはつまりを防ぐために定期的に使うことにしよう。
しかし我が家の場合、印刷はそれほど需要が無い。
取り貯めている写真を毎週末数枚ずつ印刷するか。

9週目、出産予定日が決まる。

3回目の診察をして来た。
2週間前(7週目)に1cm未満だった赤ちゃんが今は2.3cmほどになっていた。
超音波の画像で頭と手足がはっきり確認できた。
心臓の鼓動もきちんと確認でき、さらになんと手と足が動いているではないか!
それを見て妻が笑うと、ピタッと止まった。もう反応している?

男の子か女の子か聞いてみると、まだ分からないとの事。
20週目くらいになれば分かると言う。あと3ヶ月ほど先か。待たせるなぁ~。
どちらでも良いように、男の子の名前と女の子の名前の両方を考えておこう。

大きさから出産予定日が計算され、3/18となった。
今から7ヶ月後には3人家族となる訳だ。
ここまでは順調。

帰りに胎教の本を買う。
胎教には音楽が良いと本で読んだ妻はモーツアルトモーツアルトと繰り返している。
それに限らず心地よく聞けるものなら何でも良いのだろうな。
ビックバンドジャズなんかはどうなんだろう?・・・微妙な感じだな。
怖い映画は良くないようだ。ホルモンの関係で泣く子に育つと言う。
要するに母親にとって居心地のいい環境を作る事が大切と言う事らしい。
良い食べ物を食べて、耳に良い音楽を聴き、心地よい部屋で過ごしてもらう。
そんな環境を作るために、せっせと働きますよ~。
しばらくの間オレの役割はハタラキバチと心得た。

キヤノンのプリンタiP4600が故障する。(6C10エラー)

2年ほど前に買ったプリンタで久し振りに印刷しようとしたら6C10エラーと表示されて、
メーカーへ修理に出せと言うメッセージが。
googleで調べてみると、キヤノンのプリンタでは多発しているようだ。
メーカーによる引き取り修理で1万円ほどかかるとの事。
このエラーに遭遇した人は多いようで、ほとんど製品欠陥と言っていいのではないだろうか。

で、対策が無いか調べてみたらあった。
http://bbs.kakaku.com/bbs/00601011618/#12360027
http://blog.goo.ne.jp/indoichi/e/bab041bc8c95e195c32a66b7ec097d89

プリンタヘッドを外して水でじゃぶじゃぶ洗う、という多少手荒な方法だ。
実は以前にもこのアラームが出た事があって、実際に水洗いしたら直ったのだ。
つまり今回は2度目だったのだ。
ググってページを見つけるまで前に遭遇したトラブルだと気付かなかった。
記憶力が低下してますな~。

今回も同じようにじゃぶじゃぶと洗ってから取り付けて見るが、直らない。
前より重傷のようだ。
今回は一晩水につけておくとしよう。
明日、再度トライしてみる。

これで直らなかったら新しいプリンタを買う。

“キヤノンのプリンタiP4600が故障する。(6C10エラー)” の続きを読む