7週目で心拍を確認した。

雨の日が続く。ベランダの野菜達は一休みといったところか。
枝豆の小さな白い花が咲き終わり、いつのまにか枝豆の形になっていた。
酷暑のもとでは成長が鈍かったカブもいつの間にやら2センチほどの大きさに育っていた。

桃はテニスボールくらいの大きさに育って来た。まだ固い。
小さな鉢植えの場合はできるだけ実の数を少なくした方が大きい実になると桃の師匠が言っていた。
我が家には2本の桃の木があるが、一本は2つの実、もう一本は6つの実を残して育てた。
大きく育ったのは当然の事ながら2つの実のほうだった。それが今テニスボール大。
もう一本の方はすでに先日収穫しており、大変美味であった。

トウモロコシも3本収穫したが、見事に歯抜けになっていて笑えた。
歯抜けではあるがうまかったとの事。いつの間にか妻が全部食べてしまったのだ。

このように我が家の菜園は順調に育っている。
そして週末、7週目の妻のお腹で胎嚢の中に赤ちゃんを確認した。
超音波エコーの画像でトクトクと脈打っているのを見てほっとし、そしてにやける。
大きさは8ミリ。「なんでこんなに小さいんですか?」と妻。室内に笑いが広がる。
2週間前の胎嚢が9.5mmだったので縮んだと思ったらしい。
「大丈夫。正常な大きさです。また2週間後に診て、そして母子手帳発行ですね。」
エコーのハードコピーをもらい診察を終えた。

この2週間、毎日のように妻がお腹に耳を当てて赤ちゃんの鼓動を聞いてみてくれとせがまれた。
心拍が始まっているかどうかが心配でいてもたってもいられなかったのだ。
自分でお腹に指を当てて「ここに心拍を感じる!」・・・それは自分の脈だよ。
とにかく耳を当てて確かめてくれというので耳を当てると、コポコポと言う水音がする(笑)。
毎晩のように耳を当てていたが、今後はもうやらなくていいわけだ(笑)。

妻のつわりはあまり強くないようだが、食べ物の好みが少し変わったようだ。
例えば、これまで冷たい水は飲まなかったのだが、今は好んで飲むようになった。
それからみそ汁のだしの煮干しの匂いがだめになったり、納豆を食べなくなったり。
しかし食欲はすこぶる旺盛で、すでに若干太り気味の気配が。。。

ここまでは順調だ。しかし胎盤ができあがる15週まで気を抜けない。

2 Replies to “7週目で心拍を確認した。”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    順調そうでなによりですね。
    妻の場合は、炊き立てご飯の香り、味噌汁の香りが駄目で、トイレの芳香剤の香りがお気に入りになっていました。
    無事生まれるまで、お大事にしてください。
    我が家は、打ち止めです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ありがと~。
    冷凍庫で少し凍らせたバナナ、厚切りの豚肉など、好みは日々変わっている様子(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です