香港旅行から戻る。

3泊4日の香港旅行を無事に終えて戻って来た。
心配した姓名逆の航空券は何の問題も無かった。
香港はシンガポールと同じような感じであったが、高層ビルの林立振りは半端ではなかった。
よくもまあ、あんなに狭いところに立てまくったもんだ。
地震が来たら一発でアウトだ。それだけ地震のないところということなのだろう。
やっぱり原発は地震のないところに作るべきなのだ。話がそれた。

今回はガイドブックや知人のお薦めに沿って店に行ったが、そういった既存情報にとらわれすぎた。
もっと自由に、目に留まった店にふらりと入って、いろいろと試してみるのが一番だ。
それが旅行の醍醐味だと思う。

妻の香港の感想は「狭くてとても住めない」。
確かに狭い。シンガポールと同じような国家(?)なのだが、シンガポールに比べて密集度が桁違いだ。
しかし狭い所好きのオレとしては結構気に入った。

それと言葉には意外と苦労した。
妻の北京語は通じる。しかし相手の北京語が「何を言っているかわからない」そうだ。
若い人は英語が通じたのでコミュニケーションは問題なかった。
しかし少し年配のタクシー運転手などは英語があまり話せない様子だった。
オレがが片言の北京語を話してもほとんど通じなかった。
香港はやっぱり広東語が話せるのが一番のようだ。

家に戻ってから「無間道」を見る。
香港に行った後に見るとまた面白いもんだ。
やっぱりオーディオショップでトニーレオンとアンディラウが出会うシーンは最高。

One Reply to “香港旅行から戻る。”

  1. 同じく違う航空会社ですが姓名逆のミスをしてしまいました。
    航空会社は自己責任で乗ってくださいとだけ言っています。逆になっていますのコメントも書いてくれなさそうです。
    税関などで指摘なども受けなかったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です