東北自動車道通行止めで鷹巣到着が夜八時に。

大晦日、土湯温泉を出て東北道へ入り盛岡経由で秋田を目指す。岩手に入ると雪による通行止めで北上~大鰐間が不通。北上ジャンクションから秋田道の湯田の間も通行止め。北上で一般道に降りて、湯田インターへ向かう。岩手は例年にない大雪のようで、道には大きなわだちができていた。雪の降りしきる中わだちを踏み外さぬように進み、湯田インターへ到着、秋田道へ入る。秋田に入ってからは積雪は大したことなく、スイスイ進む。正午に福島を出て、鷹巣に着いたのは午後8時であった。今回の大雪では一日中足留めを食らった人もいるというので、無事に到着できたのはラッキーだった。

帰省途中で土湯温泉に一泊する。

正午に立川市を出て東北道に入り、午後五時に土湯温泉に着いた。今日はここで一泊する。あたりは雪で白一色。川沿いの温泉街で、こういう温泉街に来たことがあまりない妻は、まるで千と千尋の世界のようだ、と言う。上げ膳据え膳、露天風呂で運転疲れを癒し、龍馬伝総集編をみる。明日は秋田入りだ。

仕事納めは事務所で酒を飲み大いに歓談する。

 今年の仕事納めが来た。

装置類をシャットダウンし、周りの掃除、そして打ち上げ。
打ち上げは食堂で行ったが、二次会は事務所に移動。
仕事場で酒を飲むのは少し背徳感があり面白い。
夜遅くまで歓談し、解散。外は真っ暗。冬の寒さ。
あさって実家に帰る。

浅草で稲庭うどんと牛スジを堪能する。

 浅草は観光地であった。

今まで何度か足を運んだことがあったが、観光地だとはしらなかった。
秋田連中と落ち合い、秋田料理の店できりたんぽをつつきつつしばし歓談。
その後浅草寺脇の牛スジの煮込みの店に行きホッピーを飲む。
三年振りに会うみんなはそれなりに太ったり痩せたり子供がいたりして、歴史を感じさせる。
おれも歴史を刻む必要性を感じつつホッピーをのみ、彼らの子供と戯れるのであった。

クリスマス前日にチキンを食らいシャンペンを飲む。

クリスマス前日スーパーに買い物に行くと、焼かれたチキンがこれでもかってほどに並んでいた。

キリストの誕生日前日を祝うのにこれだけ大量のチキンが命を落とすのは皮肉なことよ、と考えつつチキン丸ごと一羽をゲット。
欧米ではチキンではなく七面鳥が多大なる受難を被っていることだろうな。
シャンペン、そして飯代わりのピザ、デザートケーキもゲットして家路を急ぐ。
家では幻惑的に光るクリスマスツリーの傍らでチキンを丸ごと食らい、シャンペンを飲む。
このシャンペンの辛いことと言ったら。。。
残った鶏ガラの肉をつつく。きりたんぽの出しを取るときの鶏ガラの方がうまいな。
今回のチキンにはよけいな味がついているのだ。やっぱりシンプルなのが一番だ。
鶏ガラの肉をつつくなんて何だかクリスマスらしくないが、これでいいのだ。
翌日再びスーパーへ。
商品棚はすでに正月へ向けて門松やら何やらの正月用品に一新されていた。
チキンやケーキはすでに売れ残りの扱いで角の方へ追いやられていた。
本当のクリスマスは今日だろ、と思いつつ豆腐やバナナなど日常の買い物をするオレ。
日本ではクリスマスは宗教行事ではなく、バレンタインデーみたいなもんだ。
商売をやる人にとってはまたとないビジネスチャンスだから、活かさない手はない。
さてと、そろそろ年賀状を作らねば。

有休を取り山梨に行く。

 会社を休み、山梨県昭和町に納税証明やら何やらを取りに行った。

妻のビザ申請に必要なのだ。(日本の手続きは煩雑で役人の仕事を増やすだけだ。)
ついでにマツダ美術館前店に行き定期点検&オイル交換&タイヤ交換をした。
この販売店と30ヶ月のメンテ契約をしているのだが、この契約は東京のマツダ販売店に引き継げないのだと言う。
各販売会社独自にやっているからという説明だったが、この点は改善してほしいものだ。
待ち時間に本屋に行き海部元首相の「政治とカネ」という本を手に取った。
小沢一郎を「壊し屋」と呼び、ほとんどビョーキだと書いている。これは面白そう。
ゲットして美術館のレストランに行き牛鉄板焼きランチを食いながら読む。
美術館のレストランは穴場だ。ランチはサラダとスープがお変わり自由。
美術館連署が多数収まった本棚があり、お茶を飲みながら読むことができる。
採光の良い壁全面の窓。久し振りにゆったりしたティータイムであった。
点検とタイヤ交換も問題なく終了。
スタッドレスタイヤになり少しふわふわした乗り味に変わったアクセラで立川へ戻った。
この後は妻の誕生祝い兼クリスマスディナー。
通勤疲れの妻を西武立川駅で拾ってレストランへ向かう。
フォレストインという昭島唯一のラグジュアリー(?)ホテル内にある中国レストラン。
ここのコースはコストパフォーマンスが良く、これでもかとばかりに皿が次から次へと出てくる。
案の定、妻は食べきれずテイクアウトを頼んだ。
シンガポールならOKだがここ日本でやってくれるのか?と思ったが快く引き受けてくれた。
仕事はしてないが密度の濃い一日であった。

ドラマ三昧

みていたドラマが軒並み最終回に!

ギルティ
やっぱり主人公の芽衣子は罪を背負ったまま生きて行けなかった。。。
細かなストーリー展開に無理はあったが、ぐいぐい見せる寡作であった。
フリーター、家を買う
大悦土木の社長(ハウンドドッグのボーカル?)がいい味出してる。最終回でみんないい人にさせる手腕にドラマ作りのプロの仕事を見た。
PERFECT REPORT
吹きだまりのテレビ遊軍取材班に辣腕女性ジャーナリストが着任して大騒ぎに。
スルメをかじりデスクで眠る生活に報道関係の仕事の大変さを見た。
ドラマを見ると他のことができなくなる~。
最近ドラマと甘いものも接種し過ぎ。
自重しなければ。

会議3本と外出で一日が終わる。

週の始まりは朝の会議から。午後にも2本会議がありまさに会議漬け。
会議の間に計測器メーカーへ出かけてのサンプル測定も入り、あっというまに一日が終了。
こんなときは昼飯でリフレッシュするのが一番。
移動途中に日野駅前のフレッシュネスバーガーに入り、クラシックバーガーを頼む。
ポテトとフレッシュオレンジジュースをつけて980円。牛丼3杯分!
マクドの低価格路線とは一戦を隠す戦略だ。
待つこと10分ほどしてバーガーが出来上がって来た。
この待ち時間、普通の食堂並みだぞ。すでにファストフードの範疇ではないな。
しっかりと焼き上げられたハンバーガーとタマネギ輪切りが香ばしい。
このパン生地、黄色くなっているのはカボチャが入っているからだそうだ。
食パンとはちょっと違う柔らかい食感がなかなか良い。
見た目は小振りで少しもの足りなさそうだが、実際にかぶりつくと意外にボリュームがある。
そしてポテトを平らげると、もういっぱいだ。
少し高いが、最近気に入っているバーガー屋だ。

新宿高島屋に行き、東急ハンズの混雑振りに人酔いする。

 週末は新宿、有楽町へ行って来た。

まずは新宿の高島屋から。
高級ブランドのテナントが数多く入ったデパートだ。
人はそれほど多くなく、とても回りやすい。
もう少し人がいても良いものだが。
しかし隣の東急ハンズに行ってみると人人人。。。。
これではおちおち買い物もできない。
折りたたみ傘を物色するが、人の多さに酔ってしまい、退散する。
有楽町西部へ向かう。
12/25で閉店に伴いバーゲンをやっているそうだ。
店内に入ると、やはり人混み。しかし東急ハンズほどではない。
そうは言っても人が多いことに変わりはなく、ここでも人酔いに。
いろいろ見たが結局何も買わずに終わった。
不景気だと言われているが、この人の多さは一体なんなのだろうか。
最近、いつも不思議に思う。
ところでこのブログ、デザインが変わった。
レンタルサーバの会社のアナウンスに従って旧ブログから新ブログへデータ移行させたらデザインが変わってしまったのだ。
まあ、この木目調のデザインも悪くない。

“新宿高島屋に行き、東急ハンズの混雑振りに人酔いする。” の続きを読む