甲府のイタ飯屋で絵本サロンに参加する。

先週末、妻に連れられて絵本サロンなるものに参加してきた。
イタリアレストランのオーナーが2ヶ月に一回開いている会だそうだ。
一冊の絵本を朗読し、ピザをつっつきながらみんなで感想を述べあうという内容だ。
当日は20人ほど集まった。学校の先生が多かった。
朝日新聞の記者も来ていて、ちょっと取材されたり。
読んだ絵本は「ウェン王子とトラ」フランス在住の中国人が作った絵本だ。
原題は「虎王子」だそうだが、なんで日本語のタイトルはこんなのにしたんだろ。
なにしろパンチが弱い。虎に育てられる王子の話だぜ。虎王子の方がストレートだ。
虎王子なんてタイトルにすると古くさくて売れなさそうだからかもしれんが、
これでは絵本の中身の持つ迫力が全然伝わってこないではないか。

http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001003010004
(写真の左奥に小さく移っているのがオレだぁ)

ところで新聞記者さん、妻の姓が間違っていますよ。